縁結び・ビジネス・癒し・浄化・厄除けなど、開運のための神社仏閣・パワースポット情報、開運・成功に役立つ情報を徹底ガイド

関東人気50パワースポット

運営者

 開運神社ナビゲーター 政起
 『魔法の現実変化術』
 ストレスクリア®コーチ

 

神社開運に目覚めたのは2005年、事業部長として新規事業立上げをしていた時に、管轄プロジェクトの相次ぐトラブル、業績不振、メンバーの退職、自身も無理がたたり体を壊して入院するなど、相次ぐトラブルに見舞われる。
仕事漬けで身も心も疲れきった独身生活、友人と遊ぶ時間もなく恋人もいない、家族関係も断絶など、人生全般に問題をかかえ深い悩みの中で、自力(現実行動)だけでない「他力」(運やご縁・周囲の後押し)の重要性に気づく。

それまでおろそかにしていた、神社参拝、墓参り・先祖供養を行う過程で、自分のルーツを知る。周囲や家族との関係再構築、劇的な状況の改善が起こり、仕事・プライベートとも充実した日々を送れるようになる。
それ以来、自力は勿論、他力を大切にし、神社参拝・先祖供養を継続しているほか、趣味の大自然旅行・アウトドアとあわせて、全国の自然豊かなパワースポット神社や地元神社を巡り、人と神様の開運と、自身の英気を養っている。今まで訪れた神社仏閣は全国700社以上。

現在は『魔法の現実変化術』ストレスクリア®コーチとして、何をやっても、どうしても変えられない現実にお悩みの方、人生の転換期にいる方の、長い間解決できない問題・悩みを根本的に解決し、「素の自分で生きる」「人として最高の人生を生きる」サポートをしている。
人生の使命は「人に光をもたらす」。


⇒『魔法の現実変化術』ストレスクリア® 詳しくはこちら


トップ >  都道府県別パワースポット  >  茨城のパワースポット  >  筑波山ハイキング・筑波山神社のパワースポット(つくば)
筑波山 ハイキング 梅まつり 茨城 神社 観光 登山 初詣 パワースポット 縁結び
 

筑波山ハイキング・筑波山神社のパワースポット

   つくばさん・つくばさんじんじゃ Mt.Tsukubasan / Tsukubasan Jinja Shrine

筑波山・筑波山神社の概要(茨城県つくば市)

筑波山
 
●筑波山の双峰に日本の祖神を祀る、縁結びのパワースポット

筑波山神社は、日本百名山の1つで茨城県のシンボル・筑波山を神体山とする神社です。
神様の中でも特に霊験が高い神々を祀る名神大社で、筑波山の双峰の山頂に日本の祖神、イザナギ尊・イザナミ尊を祀ります。
男体山山頂の西峰本殿にイザナギ尊(夫/兄神)を、女体山山頂の東峰本殿にイザナミ尊(妻/妹神)を祀り、中腹の筑波山神社(里宮)から両本殿を遥拝します。

筑波山
筑波山
 

古事記には、この2神が山頂の天浮橋(あめのうきはし)に降り立ち、手にした鉾先から滴を垂らすと、日本の国(おのころ島)になったと記されています。
筑波山神社は有史以前から存在し、日本の祖山ともいえる筑波山に日本の祖神を祀る、まさに古社中の古社なのです。
そして、この2神が結婚して神産み・国産みをされたことから、縁結びや夫婦和合のご利益で知られています。

筑波山
 
●脱日常の視点と活力をもたらす、強力パワーの霊山

筑波山は、かつて仙人と大天狗(筑波法印)が棲むといわれた、神仏習合・修験道の霊場です。
強く野太いエネルギーを放つ霊山で、日常を離れた高い視点と活力をもたらすので、山中をハイキングや散策をしながら、仕事のアイデアや計画を考えるとよいでしょう。
江戸時代には江戸の鬼門(北東)封じの霊山とされ、中腹にあった中禅寺は徳川将軍家の祈願所でした。

筑波山
 

筑波山の中腹は、3000本もの梅林がある梅の名所で、毎年2月中旬~3月中旬の開花時期に「筑波山梅まつり」が開かれます。梅の開花時期は特にパワーが強く、願い事を叶えるインスピレーションを得られやすくなります。
また山頂は、関東で一番早い初日の出が見られるスポットとしても人気があります。

筑波山
 

筑波山ハイキング・筑波山神社のご利益

・縁結び・恋愛成就
・子授け・子育て開運、夫婦円満
・仕事運アップ、活力・発想力アップ


●ご祭神

・男体山(西峰):筑波男ノ神(つくばおのかみ)= 伊弉諾尊(いざなぎのみこと・夫/兄神)
・女体山(東峰):筑波女ノ神(つくばめのかみ)= 伊弉册尊(いざなみのみこと・妻/妹神)

神世七代の最後に生まれた兄妹神であり、国産み・神産みをされた日本の祖神、原初の夫婦神
三貴子(アマテラス大御神・ツクヨミ命・スサノオ命)や、海・山の主宰神(大綿津見神・大山津見神)など、多数の有力神を生んだ親神です。
国産みでは、日本国土を形づくる島々(淡路島・本州・四国・九州など)を生み、神産みでは、森羅万象の神々(石・木・海・水・風・山・野・火など)を生みました。


例大祭の御座替祭(おざがわりさい)は、4月1日と11月1日の年2回行われ、夏の神・冬の神が神座を交替する儀式です。 本殿のご神体は神衣(かんみそ)で、御座替祭で取り替えられます。

 
 

筑波山ハイキング・筑波山神社の開運パワースポット地点


●筑波山神社(里宮)の開運パワースポット地点

筑波山神社の開運パワースポット地点は、以下の3ヶ所です。入口から順にご紹介します。

★1.拝殿  ★2.大杉  ★3.朝日稲荷神社(出世稲荷)

 

江戸時代までの筑波山は、中禅寺を中心とした神仏習合の霊地で、男体山・女体山それぞれに千手観音・十一面観音を本地仏とする「筑波山両部権現」が祀られていました。
明治の神仏分離で中禅寺は廃されて、筑波山神社となりました。その後、昭和5年に筑波山大御堂が再興され、ご本尊・千手観音が祀られています。

★筑波山 大御堂(つくばさん おおみどう)
かつて筑波山で隆盛した「中禅寺」が再興された真言宗豊山派のお寺で、坂東三十三箇所観音霊場の25番札所です。
山中に入る前に、本堂に祀られる筑波山の本地仏・千手観音に、ご挨拶をしていくとよいでしょう。

筑波山
筑波山
 

石段下にある「祈願石」は病気封じの霊石で、石に手を触れて願い事をお祈りします。

筑波山
筑波山
 

★参道
筑波山神社に至る参道は、日本の道100選の「つくば道」として知られ、門前町があります。「ガマの油売りの口上」にちなむガマの油(軟膏)が参道名物です。

筑波山
筑波山
 

★神橋(しんきょう)
江戸3代将軍・徳川家光公が寄進された反橋。御座替祭の時に、御神輿と従者がここを渡ります。
普段は通れませんが、御座替祭(4月1日・11月1日)と、年越祭(2月10日・11日)の年に4日だけ、渡ることができます。

筑波山
筑波山
 

★随神門(ずいしんもん)
茨城県内最大の堂々たる神門。筑波山のご神域を護る門で、厄払いスポットです。
左にヤマトタケル尊、右にトヨキイリヒコ尊の随神像が守護しています。江戸時代までは、仁王像が護る仁王門でした。

筑波山
筑波山
 

★大杉
圧倒的な存在感のご神木。樹齢800年のパワーツリーです。随神門の右手にあります。
随神門の左手には、2本の杉が寄り添って立つ夫婦杉があります。

筑波山
筑波山
 

★厳島神社(いつくしまじんじゃ)
水の浄化スポットです。元々は琵琶湖の竹生島から勧請された弁財天で、随神門の左手にあります。
社殿は徳川家光公の寄進で、弁財天の神使の蛇が彫られています。
ご祭神:市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)

筑波山
筑波山
 

★拝殿
縁結び・恋愛成就のパワースポットで、柔らかいエネルギーに満ちています。江戸時代までは、中禅寺の本堂(大御堂)があった場所です。
ここから山頂の両本殿を遥拝します。ご祭神に礼を尽くした参拝を。

筑波山
筑波山
 

拝殿には立派な大鈴が掛かっています。大鈴の切れ込み部分が、魔よけの猪の目でハートマークになっていますので、確認してみてください。

筑波山
 

★春日神社・日枝神社
中禅寺の鎮守社として、藤原氏に縁の深い両社を勧請したもの。拝殿の右手にあります。
社殿は徳川家光公の寄進で、春日神社は鹿、日枝神社は三猿の神使が彫られています。

・日枝神社ご祭神:大山咋神(おおやまくいのかみ)
・春日神社ご祭神:武甕槌神(たけみかづちのかみ)、経津主神(ふつぬしのかみ)、天兒屋根神(あめのこやねのかみ)、比売神(ひめがみ)

筑波山
 

★ご神水
ご神水のお水取りスポットです。拝殿の裏手にあり、十一面観音を祀る神窟を水源としています。
ご神水に触れることで、頂いた運気を定着させる効果があります。※飲用には煮沸が必要です。

筑波山
筑波山
 

★朝日稲荷神社(あさひいなりじんじゃ)
出世稲荷とも言われる、出世運アップのスポット。拝殿の裏手にあり、稲荷社が2社並びます。
ご祭神:太田命(おおたのみこと)

筑波山
筑波山
 

そのほか境内には、楠木正成の孫・楠木正勝の墓や、つくば万博で展示された宇宙の卵などがあります。

筑波山
筑波山
 

★ケーブルカー宮脇駅、登山口
筑波山神社のある中腹から、両本殿のある山頂付近まで、ケーブルカーに乗って行けます。
ケーブルカーは朝9時20分から20分間隔で出ていて、日本で3番目に長い距離を登ります。

ケーブルカー料金:大人(中学生以上)片道580円・往復1,050円、小児(小学生)片道290円・往復530円、6歳未満無料

筑波山
筑波山
 

歩いて登る方は、宮脇駅右手の登山口から、御幸ヶ原コースを登り始めます。
ケーブルカー沿いに筑波山頂駅までほぼ直登する、登り90分・下り70分、距離2.5km・標高差610mのコースです。
途中、男女川(みなのがわ)の水源や、ケーブルカーのすれ違いも見れます。

筑波山
筑波山
 
 
●筑波山ハイキング:山頂の開運パワースポット地点

山上は見晴らしの良い奇岩巨岩スポット。これらの岩場はかつて修験道の霊場として使われ、現在でも筑波山禅定の神事が行われています。
山の気と奇岩巨岩のパワーを感じながら散策すると、脱日常の視点やインスピレーションを得られやすくなります。

 

★ケーブルカー筑波山頂駅、御幸ヶ原(みゆきがはら)
双峰の間・標高800mに位置し、売店や食堂が点在する、見晴らしの良い広場です。双峰の間を2神が御幸(往来)するので、御幸ヶ原といいます。
かつては「開放地」として、春秋に若い男女が集い、歌垣(宴会や自由性交)が行われた場所でもあります。

筑波山
筑波山
 

ここから双峰の頂上までは、男体山山頂までは300mの険しい急登、女体山山頂までは600mの緩やかな山道を登ります。
古代を記した常陸国風土記には、西峰・男体山は険しい神の峰で「禁足地」、東峰・女体山は泉が流れる「開放地」、として対照的に記されています。

筑波山
筑波山
 

★男体山山頂・本殿(標高871m)
仕事運・活力アップのパワースポット。地面から湧き上がる巨岩のパワーがあります。
ご祭神:筑波男ノ神=イザナギ尊(夫/兄神)

筑波山
筑波山
 

★立身石(りっしんせき、鎮座石)
男体山山頂近くにある霊石で、出世運アップのスポット
江戸後期の探検家・間宮林蔵が立身出世を祈願し、後に樺太探検や間宮海峡発見で名を上げています。
また、親鸞聖人がこの場所で念仏を唱え、餓鬼を救済した場所とされます。
近くに湧き出る御海(みうみ)は、万病に効くとされる霊水です。親鸞聖人が餓鬼救済に使ったとされます。

 

★大石重ね
願望祈念のスポット。男体山を周回する自然研究路にあります。
筑波山神社でご祈祷された「願い石」(初穂料300円)を受けて願い事を書き、この場所に置いて祈念すると、願いが叶うとされます。

 

★紫峰杉(しほうすぎ)、男女川の源流
御幸ヶ原からすぐの場所に、樹齢800年の紫峰杉と、筑波山から流れる男女川(みなのがわ)の源流があります。

 

★女体山山頂・本殿(標高877m)
縁結び・恋愛運アップのパワースポット。天からの柔らかいエネルギーがあります。
ご祭神:筑波女ノ神=イザナミ尊(妻/妹神)

本殿後ろには、近年再現された天浮橋(あめのうきはし)があります。天界と地上をつなぐ橋で、筑波山の2神が降臨して日本の国土(おのころ島)を作ったとされる場所です。
女体山周辺は、古代から祭祀場だった場所で、古代~中世の祭祀遺物が多数出土しています。

筑波山
 
 
●筑波山ハイキング:女体山周辺の巨岩・怪石群

★セキレイ石
石の上にセキレイ(鳥)が止まり、男女の道を教えたとされる巨岩です。

筑波山
 

★ガマ石(雄龍石)
ガマガエルのように見える奇岩で、勝負運アップのスポット。女体山山頂への途中にあります。
筑波山名物「ガマの油売りの口上」を考案した永井兵助が、ガマ石の前で口上の文句を考えたとされます。

ガマ石の口に小石を投げ入れ、運試しをしてみて下さい。
「ガマ石の口に石を投げ入れると、金運が上がる、出世する」と言われますが、多くの人の願掛けでパワーが弱っているようです。

筑波山
筑波山
 

★大仏岩(だいぶついわ)
大仏姿に見える奇岩で、女体山山頂近くにそびえ立っています。

 

★屏風岩(びょうぶいわ)
屏風に見える巨岩。
スサノオ尊を祀る安座常神社(あざとこじんじゃ)があります。

 

★北斗岩(ほくといわ)
天に向かってそびえ立ち、北極星のように決して動かない岩を表す巨岩。
ツクヨミ尊を祀る小原木神社があります。
弘法大師が妙見菩薩(宇宙の中心・北極星を司る仏様)を見たという伝説があります。

 

★裏面大黒岩(りめんだいこくいわ)
大袋を背負った大黒様の後姿に見える奇岩。
ヒルコ命を祀る渡神社(わたりじんじゃ)があります。

 

★出船入船(でふねいりふね)
出船と入船が並んでいるよう見える岩。
かつて修験者が、2つの岩の間から熊野を遥拝し、「熊野の鳥居石」と呼ばれました。

 

★母の胎内くぐり
母の胎内をくぐる意味を表す、かつての修行場です。
岩の上の穴から下へ抜けることで、穢れのない生まれた姿に立ち返るとされます。

 

★高天原(たかまがはら)
神様の世界を表す巨岩。
岩上にアマテラス大御神を祀る稲村神社があります。

 

★弁慶七戻り(べんけいななもどり)
元は「石門」と呼ばれ、高天原(天界)と俗界を分ける神聖な場でした。
頭上の岩が落ちそうで、豪傑の弁慶が7回も後ずさりしたとされます。

 

★白蛇弁天(はくじゃべんてん)
白雲橋コースの途中にある弁財天。
弁財天の神使・白蛇が棲むといわれ、白蛇を見ると金運がアップするとされます。

 
 
●筑波山周辺のパワースポット地点

★飯名神社(いいなじんじゃ、飯名弁天)
子授け・金運アップのスポット。だるま市が名物の神社です。
筑波山周辺で最古とされる神社で、男女を象徴する巨大な陰陽石があります。
大きな割れ目がある女石がご神体で、石上に男石と弁財天が祀られています。

・所在地:茨城県つくば市臼井1番地1
・ご祭神:宇気母知神(うけもちのかみ)、市杵嶋姫命(いちきしまひめのみこと)

 

★月水石神社(がっすいせきじんじゃ)
子授け・婦人病平癒のスポットです。磐長姫命の崩御の地とされます。
男女を象徴する巨大な陰陽石があり、ご神体の女石は、月に一度、中央の穴から赤い水を流すという伝説があります。

・所在地:茨城県つくば市沼田
・ご祭神:磐長姫命(いわながひめのみこと)

 
   
 

筑波山のアクセスと基本情報


所在地 茨城県つくば市筑波1番地
電話番号 029-866-0502
最寄り駅 つくばエクスプレス「つくば駅」
アクセス 【電車】つくばエクスプレス「つくば駅」から筑波山シャトルバス40分
【車】常磐自動車道「土浦北IC」から40分
駐車場 あり(有料・1回500円、1時間無料)
主祭神 筑波男ノ神(伊弉諾尊)、筑波女ノ神(伊弉冊尊)
創建 不詳(有史以前)
社格等 式内社(名神大社1座、小社1座)、旧県社、別表神社
例大祭 4月1日・11月1日(御座替祭)
ホームページ http://www.tsukubasanjinja.jp/
 

筑波山・筑波山神社のアクセスと地図

 

筑波山・筑波山神社の動画

 
 
 
 
   
 

関東最高峰の神社関東最高峰のお寺

【関東トップ10】       【関東人気30】
→ 明治神宮皇居       → 東京大神宮神田明神湯島天神
→ 箱根神社          → 浅草寺上野寛永寺増上寺
→ 大宮氷川神社        → 高尾山御岳山深大寺
→ 三峯神社          → 鶴岡八幡宮鎌倉大仏長谷寺
→ 鹿島神宮香取神宮     → 川崎大師寒川神社大山江ノ島
→ 榛名神社          → 川越氷川神社高麗神社宝登山神社
→ 日光東照宮二荒山神社   → 成田山筑波山赤城神社
→ 富士山本宮北口本宮    → 身延山昇仙峡忍野八海
→ 戸隠神社善光寺      → 穂高神社上高地分杭峠
→ 諏訪大社          → 白糸滝華厳滝袋田滝吹割滝


ご利益別の神社仏閣・パワースポット

→ 縁結び(恋愛・結婚)  → 金運・仕事運  → 癒し・浄化
→ お祓い・災厄除け    → 勝運・合格   → 健康運・病快復
→ 安産・子授け・子育て  → 対人・家庭運  → 人生開運・道ひらき
→ お水取り  → 悪縁切り  → 一宮・総社   → 初詣人気トップ10


都道府県別の神社仏閣・パワースポット

→ 東京(52)  → 神奈川(22) → 埼玉(19)  → 千葉(13)  → 栃木(17)
→ 群馬(18)  → 茨城(15)  → 静岡(20)  → 山梨(15)  → 長野(13)

 
 
前
鹿島神宮のパワースポット(鹿嶋)
カテゴリートップ
茨城のパワースポット
次
笠間稲荷神社のパワースポット(笠間)